TWP-BLOG

CCDでチェックしよう。

ブログのアクセスを増やす為には、検索エンジンの攻略が欠かせません。
SEOってやつですね(知らない方はGoogleでググってみて下さい)

どういったコンテンツの評価が高いのかは、Google自身が公式ブログで公開してます。

 

https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html

 

この中で、低品質なサイトの順位を下げ、高品質なサイトの順位んを上げると初めに言っています。

サイトの品質を評価するアルゴリズムを書くときに、検索ユーザーが
何を求めているかについて考えているそうです。

とても細かく、具体的にどういった内容のコンテンツなのかを問われています。

 

さて上記のたくさんあるチェックポイントの中で今回は、コピーコンテンツについて考えてみます。

Googleはコピーコンテンツを非常に嫌います。

誰かの記事をそっくりコピーしたものは、もちろんダメに決まってますが、
完全にオリジナル記事を書くっていうのも簡単ではありません。

 

ネット上には今やコンテンツはあふれるようにあり、何を書いても誰かが書いた
記事とどうしても似たような記事が出来上がってしまいます。

ましてや、一から記事を全て書くのは多大な労力を費やしますから、何とかして、
どこからか記事を引っ張ってきて、ちょこっとリライトして何とならんかぁ・・・
と考えても仕方がありません。

 

でも・・・・Googleは侮れませんよ!
あなたの手抜き工事はしっかりと見抜かれて、恐らく順位が上がる事は無いでしょう。

 

また、別に誰かの真似をした訳じゃ無く、まじめに自分で考えたオリジナルの
記事であったとしてもGoogleから二番煎じと判断されたら、やはり順位は上がりません。

ここは、CCD( CopyContentDetector )を使いましょう。

薄緑色の<文章を登録>の欄にテクストをコピペしてください。

ログインしなくても使えます!

 

CCDは、チェックしたい記事を入力すると、その記事がコピー記事であるかどうかを
判定してくれる優れモノです。

広いネット世界を検索して、どの部分が似ているのか何パーセントぐらい似てるのかチェックしてくれませす。

しかも、無料です。
有料版もありますが、文字数が4,000字以下なら無料版で充分です。

チェックを実行すると何パーセント似ているのか判定してくれます。
一致率が30%以上だとオリジナリティに乏しいかもしれません。
20%以下ぐらいなら十分だと思います。
(どんなに頑張っても一致率が10%以下にはならないと思います。)

ちなみにこの記事をチェックしたら.....

類似度判定が5%、一致率判定が21%、テキスト判定が0%と非常に良好でした。!

 

コンテンツを作成する手順をおさらいすると

1.キーワードを設計・設定する。
2.AIでベース記事を作る
3.段落や見出しを付けて体裁を整える
4.リライトする
5.オリジナル要素を加える
6.CCDでコピー度合いをチェックする。
7.一致率30%以上なら再調整する。

こんな感じでしょうか。

 

これで、あなたの記事はオリジナリティがあって高品質な記事としてGoogleに認知され
検索順位のUPが見込める記事になりました。

おめでとうございます!

 

SEOは検索エンジンに対する最適化なんですが、<キーワード>に特化て対策をしている
方や業者が多いように思われます。

 

先にも言った通りGoogleが考える良質なコンテンツに合致しているって事が重要です、
<キーワード>は確かに重要ですが、その一部分に過ぎません。お間違いなく!

 

関連記事

  1. その1・・・ツイッターアカウントの準備
  2. AIライター articoolo の導入・・・その2
  3. AIライター articoolo の導入・・・その1
  4. その2・・・ツイッターの運用
  5. TwittBotエラーについて
  6. アンテナサイトの構築その2
  7. アンテナサイトの構築その1
  8. ブログ更新、次の段階へ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。