TWP-BLOG

SNS連携の設定

SNS連携とは、例えばワードプレス側で新規の投稿をしたときに自動でツイッターに投稿してくれる仕組みです。

まず初めにツイッター側で必ず設定しなければならないのはツイッターカードの設定です。
ツイッターカードは、あなたのツイートを概要や画像付きでツイッターのタイムラインに
表示してくれる機能でテキストだけのツイートより断然目をひきます。

設定するにはブラウザで、ツイッターの画面に行き自分のプロフィールを設定します。


その中に「ウェブサイト」という項目があるので、そこにブログのURLを入力します。
これを保存するだけでツイッターとワードプレスの間にリンクが貼られます。

ツイッター側はこれでOKなので、ワードプレスの管理画面に行きます。

 

次はワードプレスとツイッターの連携作業ですが、それには JetPack というプラグインを
使用します。

ワードプレスの管理画面で、プラグインの新規追加のところで「jetpack」と入力して検索し
インストール及び有効化をしてください。

有効化するとJetPackとWordpress.comの連携を促す画面になるので、連携ボタンを押します。


するとアカウントの入力画面になりますので、必要な項目を入力して、登録ボタンを押します。

登録すると確認のメールが届きますので、メールを開いて認証してください。

HTMLメールで受け取っている人はこんな画面のメールになるはずです。


メールを認証して、新規登録が完了するとワードプレスの管理画面でどのプランにするか聞いてきますが、
ここは Free のプランでOKです。

これでJetPackとWordpress.comの連携ができました。
ワードプレスの管理画面の上の方にJetPackの項目が追加されているはずです

次はJetPackの設定に入ります。

JetPack設定を選択すると、右上に[設定]という項目が出るので押して下さい。
そして、上部のメニューの中から<共有>を選びます。

「投稿をソーシャルメディアに自動共有」のとこをONにすると下に、
ソーシャルメディアアカウントを接続する というリンクが表示されますのでクリックします。

WordPress.comのログイン画面が表示されますのでログインして左側のメニューから「マーケティング」
を選び、Twitterの項目で[連携]ボタンを押します。

ツイッターの連携画面が開くので認証して下さい。

連携が出来ていれば、ボタンが[連携を解除]ボタンに変わっているはずです。

WordPress.comの方はこれでログアウトしてOKです。

これで、ワードプレスに何か新規で投稿したら自動的にツイッターにも投稿されるようになりました。

 

関連記事

  1. CCDでチェックしよう。
  2. Twittar(ツイッタル)の使い方
  3. VideoBlogsterの導入・・・その2
  4. AIライター articoolo の導入・・・その1
  5. アンテナサイトの構築その2
  6. Social-Dogの使い方
  7. VideoBlogsterの導入・・・その1
  8. その2・・・ツイッターの運用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。