TWP-BLOG

アンテナサイトの構築その2

では、さっそくアンテナサイトを作ってみましょう。

これには、RSSという仕組みを使いますが、その前に...

Webページの準備は出来てますか?
何も準備出来てい無い人の為に、一番簡単でデザインも良い環境の作り方をご案内します。

レンタルサーバーを借りてWordPressを設置します。
(最近のレンタルサーバーだとWordPressは標準でインストール出来るようになってるはず)

WordPressのインストールまで終わってるものとして進ます。
まずは、サイトの外観ですが無料のテンプレートがありますので、下記をダウンロードしてみて下さい。

”https://ja.wordpress.org/themes/hueman/”

Hueman

もちろん、デザインはお好みで他のテンプレートでもOKです。

横にある青いダウンロードボタンを押してください。
次に、ワードプレスの管理画面に行き、外観から、新規追加を押して今ダウンロードした
hueman.3.7.6.gip
をアップルードして有効化してください。

すると、こんな画面になると思います。


次は、プラグインのインストールです。下記URLにアクセスして
青いダウンロードボタンを押します。

RSSImport

今度は、ワードプレスの管理画面でプラグインの項目へ行き、新規追加>プラグインのアップロードをクリック
<ファイルを選択>のボタンを押して先ほどダウンロードしたrss-import.4.6.1.zipを選択して
アップロードします。有効化するのを忘れないで!

さぁ準備が整ったので、(まだ初期状態でデザインはいじってないけど)RSSを
インポートしてみましょう。

 

投稿画面に行き、新規追加をクリ九します。

タイトルを適当にいれて、下段の文字入力のフィールドの右肩にある、

[ビジュアル][テキスト]のボタンからテキストを選択して、下記のように入力します。

ーーーーーこの下から—–

<strong>きになる〇〇〇〇〇</strong>
<br>

—–ここまで—–

 

上記に記述した中の、

display=”5″ .....5件表示するという事

ここに書いてある、URLはRSSフィードのURLです。 2ちゃんねるのフィードを拾ってみました。

date= displaydescriptions=

などは、オプションです。RSSを修飾するオプションは色々あります。

display 表示する記事の数(Default:5)
feedurl RSSのURL
before_desc 説明文の前につける文字列(Default:””)
displaydescriptions 説明文の表示 True:表示する (Default:False(表示しない))
after_desc 説明文の後ろにつける文字列(Default:””)
html 説明文にHTMLタグを含めるかどうか。True:含める (Default:False(含めない))
truncatedescchar 説明文の文字数(Default:200)
truncatedescstring 説明文を切り捨てたあとの文字列(Default:” … “)
truncatetitlechar タイトルの文字数(Default:50)
truncatetitlestring タイトルを切り捨てたあとの文字列(Default:” … “)
before_date 日付の前につける文字列(Default: <small>)
date 日付を表示するか。True:表示する (Default:False(表示しない))
after_date 日付の後につける文字列(Default: </small>)
date_format 日付のフォーマット
before_creator 投稿者の前につける文字列(Default: <small>)
creator 投稿者を表示するか。True:表示する (Default:False(表示しない))
after_creator 投稿者の後ろにつける文字列(Default: </small>)
start_items リスト全体の前に表示する文字列(Default:<ul>)
end_items リスト全体の後ろに表示する文字列(Default:</ul>)
start_item リストの前に表示する文字列(Default:<li>)
end_item リストの後に表示する文字列(Default:</li>)
target リンクのターゲットを設定。使えるのは「empty」「blank」「self」「parent」「top」(Default:empty)
rel rel属性を設定。使えるのは「empty」「nofollow」「follow」(Default:empty)

 

とりあえず、このように表示されれば成功です。

次回はレイアウト・デザインについて少し解説します。

 

※RSSで公開している情報を勝手に自サイトのコンテンツのように持ってくるのは、著作権に引っ掛かる場合があります。

(2ちゃんの作者はRSSについては黙認する..ってな事をかつて言ってました。)

自己責任でお願いします。

 

ちなみに、下記に公開されているRSSフィードの一覧が載っています

http://www.redcruise.com/search.php?srcstr=%EF%BC%92%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B

関連記事

  1. その1・・・ツイッターアカウントの準備
  2. アンテナサイトの構築その1
  3. Social-Dogの使い方
  4. CCDでチェックしよう。
  5. Twittar(ツイッタル)の使い方
  6. 副業の為の環境づくり
  7. サンプル TwP アンテナ 新着情報
  8. ブログ更新、次の段階へ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。